もっと美しく!

もっと美しくなりたい方だけ、お読みください。

クロスにお見えになられた
お客様全てが健康で美しくあって欲しいと思っております。

人の体は大きく分けると「骨と肉」でできています。

骨・骨格はクロスで矯正できますが、お肉(脂肪・筋肉)はご自身のライフスタイルが大切。
運動をしていない特に30代以降の方は要注意です。筋力の低下と共に基礎代謝が落ちやすく
脂肪がついてきます。(サプリ・漢方薬では基礎代謝は上げること・痩せることもありません。)

お客様の中には、骨格矯正だけをすれば変われると思ってる方もいらっしゃいます。
もちろん、「美と健康」に対して「食事・運動を心がけている方」はそれでいいです。

その一方
朝昼晩、糖質を摂る。小麦粉・スィーツ大好き、運動嫌い。
他力本願で気が強く言い訳ばかりする方。
自分のむくみ・肥満から目を遠ざけている方は、そこから逃げないで真摯に自分と向き合い
裸になって鏡をじっくり見てほしいものです。

ご自身のむくみ・肥満を改善できずに逆ギレして、当サロンにクレーム、投稿する
困った人もいます。クロスは神ではありません。あなた自身のむくみ・肥満が改善できれば
矯正されたバランスの良い骨格が現れ、あなた自身が「美の女神になること」は出来ます。

余分な肉、脂肪ついていませんか?むくんでいませんか?疲れていませんか?
そのお肉は必要ですか?それを見て人は幸せになりますか?
見た目にキレイになって、言葉もキレイになれば人も幸せな気持ちになります。

クロスの骨格矯正を機に、ライフスタイルを改善しもっと美しく、健康で、輝きのある
人生を送ってもらいたく、今からクロスメソッドのお話をしていきます。
ミスユニバース・モデル・女優さんの方も実践されています。大変、喜ばれています。

クロスメソッド

【糖質は一日二食・ウォーキング1時間/週3~4回】

カイロプラクターである藤崎雅浩が実践し、誰もが無料で成功できる確証されたメソッド。
このメソッドをされたお客様は見違えるほど、さらにお若く、スッキリ、美人になられています。
男性も同じです。もっと美しくなりたい方は三カ月は実践してみてください。

食事は一日三回。お米は一日二回。

お米は朝か晩どちらかは抜く。朝を抜いたほうがベターです。
血糖値の上昇を防ぐため炭水化物は16時間は摂取しない。
野菜・おかずはしっかり摂る。それらには上質な油。
オリーブオイル・ごま油・アマニ油などは腹持ちが良くなります。
パン(小麦粉)は血糖値が上がりやすく脂肪がつきやすいのでおすすめはしません。
うどん・ラーメン・パスタも小麦ですので摂りすぎは要注意。

三回の食事以外でお腹が空いてきたら
おかずだけを食べるようにこころがけてください。

疲れたからスィーツを欲しがる。それは脳が勝手にインプットされているだけです。
砂糖を摂ると一時的に気持ちも上がりますが、下がるのも早くなります。
疲労が抜けなくなりがちです。
脂肪が付き、肌荒れ。しわ。イライラ。喪失感。うつなどを引き起こします。
スィーツ好きな方は認知症も早くなります。女性は特に要注意です。

一時間のウォーキング。週に3~4回。

ウォーキングの効果は、基礎代謝があがるため
「脂肪燃焼」「血流改善」「病気の予防」など。
血流がよくなり美肌やむくみ解消、低体温改善なども改善できます。

さらに、ウォーキングは「全体的に痩せます」。
余分な体脂肪が落ち、継続さえすればスッキリとした体型になります。

特にダイエット効果が得られるのは以下の3つの部位。
☆(1)脚
下肢を中心に使うので、脚が「痩せる」というよりは筋力がつき、引き締まる効果があります。
ランニングのように何度も地面を蹴ることもないですし、
自転車のペダルのように踏みこむようなこともしないので、筋肉が肥大化することもありません。

☆(2)腹部
ウォーキングは、体内に取り込んだ酸素を使って糖質や脂肪を燃焼させ、
エネルギーを生み出す「有酸素運動」。この有酸素運動では、体脂肪が燃えていきます。
したがって、ウォーキングを続けると、
内臓脂肪や皮下脂肪を燃やす効果が。個人差がありますが、
おなかまわりの脂肪太りが気になる方は、
ウォーキングを定期的な運動として取り入れると、脂肪が落ちてスッキリしていきます。
腹筋みたいな筋トレは不要です。

☆(3)背中(肩甲骨まわり)
荷物などを持たず、腕ふりを意識してウォーキングを続けた場合は、
背中・肩甲骨まわりのダイエット効果が期待できます。
もちろん、急に痩せるわけではないですが、意識的に腕ふりをしっかり続けることが大切。
ウォーキングのウォームアップに腕や体側のストレッチを組み合わせると、効果はさらに高まります。

その点、ウォーキングで大量に汗をかくということは余程負荷を上げなければないですし、
足裏を打ちつける動作もありません。したがって、ランニングに比べ貧血になるリスクが低いのです。

◇効果はいつから現れる?

結論としては、効果が現れるタイミングは意欲によってまったく異なります。
効果が現れるかどうかは、モチベーションを保つのに非常に大事なポイント。
しかし、ウォーキングは運動強度が比較的低いため、効果が現れてくるまでに少し時間がかかります。
早い人では2週間程度で効果が現れる人もいますが、確保できる運動時間によっては3か月かかる人もいます。
ですので、運動頻度を上げる、というのは目に見える効果を求める人には重要なこと。
日頃のウォーキングを正しいフォームで行えば、比較的早くに効果が現れてくるでしょう。
毎日できるなら毎日が理想。
ただ運動強度は低いので、過度な期待はせずロングスパンで考え、
音楽を聴きながら気長に行う気持ちがウォーキングダイエットには必要です。